Googleが検索アルゴリズムを調整する方法

News

Googleによるアルゴリズムの変更は度々行われますが、一体どのように実験され、どのように実装されているのでしょうか?

Googleのアルゴリズムが実装される流れ

Googleが2012年に考案したアルゴリズムの案は118,812件ありました。そこからGoogleが採用した評価者グループ(Quality Rater)が、品質ガイドラインに基づくテストを行い、そこを通過したアルゴリズム(10,391件)だけが実地テストへ進みます。
実地テストでは、実際のユーザー(一部)にだけ新たなアルゴリズム(7,018件)が適応されたGoogleが配信されます。
そのテスト結果が良かったもの(655件)が本番に反映されます。

言い換えれば、品質ガイドラインに基づいてサイトやコンテンツ制作を行っていくことが、Googleの求めるページに近づいていくとも言えます。

原文は英語なので読むのがハードではありますが、電通デジタルさんが丁寧にまとめてくださっているので、こちらでざっくりは理解できるかと思います。
参考:https://www.dentsudigital.co.jp/