経験者が語る未経験でWebマーケターに効率よくなる方法

Webマーケティング

最近、未経験の方対象にどうすればWebマーケターになれるのかを講義する機会があったので、記事にします(笑)

僕はWebマーケターになろうと思ってなったわけではないので、結構遠回りをしています。最初はWebデザイナーをやって、そのあとWebマスター(今で言うWebディレクターかな)、Webプランナーを経てWebマーケターです。仕事的には被ってる部分も多いのですが、こんな経歴です。

未経験でWebマーケターになるのは結構難しい

僕はWebマーケター採用の面接もやるのですが、Webマーケターは人気の職種で結構な応募が来ます。その時点で未経験はかなりハードルが高いのは間違いありません。

実際に未経験で応募がきても、光るもの(自分で何かWebマーケティングに関することをやっていたとか)がなければ、書類選考で落とすことも多いです。

何もやったことがない状態でWebマーケティング系の職種に就くのであれば、アシスタントマーケターなどの職種なら採用の可能性は高まります。

ただ給料は当然安くなりますし、いい職場じゃなければテンポよくステップアップは難しいです。

ではどうするか。

現在いる会社のWebマーケティング部への移動を目指せ

一般的に採用面接を通過できる人というのは「スキル」だけでなく「企業文化」にマッチするかを見られます。スキルだけ高くても文化にマッチしなければすぐ退職します。居づらいですから。人材仲介業者を通していれば、紹介手数料もかかりますし、厳しくそこは見られます。

しかも、この記事を読んでいるあなたはきっとスキル(経験)がない。となると、少なくとも文化にはマッチしている現在の企業内でWebマーケ部への異動を目指すべきです。

とはいえ意気込みだけで異動させてくれるほど、今の会社も優しくないでしょう(笑)

異動を成功させるために必要なのは

  1. 実績
  2. 社内政治

この2つは間違いないです。では、どうやって実績を作るか。

まずは自分でブログを立ち上げよう

「実績=異動させたほうが会社にはメリットあるなと思わせる」ということは、言い換えれば「異動させたほうが会社の売上が上がる」ということです。

異動して「一からWebマーケティングを学びます」では、手間がかかるだけで売上への貢献なんて遠い未来の話です。

一からWebマーケティングが学べて、しかもお金もかからない方法があります。それが「ブログを立ち上げてアフィリエイトを運用すること」です。できれば、アメブロやはてなブログなどの既存のCMSではなく、WordPressでブログを立ち上げるほうが良いです。ただ、最初はWebマーケティングに慣れるためにも前者でも問題ありません。

WordPressでブログを立ち上げる場合、

  • ドメイン取得
  • サーバー契約
  • HTMLやCSSの調整
  • キーワード調査
  • 記事執筆
  • SEO
  • バナー作成など
  • リライト
  • SNS運用
  • アクセス解析
  • ランディングページ最適化

などなど、現在多くの企業がWebマーケティングの現場で求められていることがある程度経験できます。

ブログを作ってある程度アフィリエイトなどでお金を稼げるようになると、いかに売上を上げるというのが大変かわかるようになります。そのうえで、稼ぐコツというのも分かってくるでしょう。

この金銭感覚を身に付けているというのは非常に大きいです。あなたが大企業ではなく中小企業で働いている場合、そもそもWebに投下できる予算は大きくないはずです。どうすればお金をかけずに効率的に売上を上げるのか分かれば、きっと自社のWebマーケティングの穴もなんとなく分かるはずです。それが分かれば、改善案をそれとなく担当部署の上司の方に伝えればいいのです。

その上司に「この子が来てくれたらありがたい」と思わせることができればしめたものです。あとは社内政治でゆっくり外堀を埋めていけばいいです。

どんなマーケターを目指すか

また、得意分野を作るのも重要です。

ブログで基本を経験していれば、あとは広告周りに進むのか、SEOに進むのか、メールマーケティングに進むのか、など分野を特化していくのも手です。もしくは全体をある程度見ていけるゼネラリストになるのもと良いでしょう。

運用型広告特化マーケターの特徴

運用型広告特化マーケターの特徴としては、リスティング広告(YahooやGoogleの検索結果に表示される広告)やFacebook広告、Twitter広告など、運用が必要となる広告に特化しているマーケターです。

運用型広告は広告費を必要とするため、なかなか自分で経験を積むというのは難しいです。一番手っ取り早いのは運用型広告をしている会社に入ることでしょう。未経験で募集をしている会社があれば、飛び込んでみるのも手です。ブログである程度経験を積んでいれば、入社はそこまで難しくないはずです。

専業の会社である程度経験を積んでから、事業会社の運用担当としてキャリアアップをしていく未来も見えてくるでしょう。

SEO特化型マーケター

今注目を浴びているSEO特化型マーケターです。インハウスSEOマーケターと呼ばれることもあります。

オウンドメディアを多くの会社が持つようになりましたが、その分検索結果での争いが激しくなり、以下に上位表示して自社記事をユーザーに見てもらうかが重要になっています。その解決策を提示できるのがSEO特化型マーケターです。

ブログをある程度運営していれば、SEOの知識はそこそこ付いているはずなので転職しやすい職とも言えます。本格的にSEOを学びたいなら、SEO専業の代理店に入るのが良いでしょう。そこである程度経験を付けてから事業会社へキャリアアップをしていくのが良い道かと思います。

ゼネラリストマーケター

ゼネラリストマーケターは、特定の分野に特化せず幅広い知識で、今どのマーケティング手段を用いるべきなのかハンドリングしていくのが大きな目的になります。

当然、各マーケティング手段のメリット・デメリットを把握している必要がありますので、未経験でいきなりなれるわけではありません。また、代理店などの何かの手段に特化した会社ではなく、事業会社で経験を積むことが多いです。

まずはアシスタントマーケターなどで事業会社に入り、経験を積んでステップアップを目指しましょう。

おすすめの本:Webマーケティング全般

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション
by カエレバ

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法

デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法(MarkeZine BOOKS)
by カエレバ

おすすめの本:広告全般

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 (できるMarketing Bible)
by カエレバ

おすすめの本:SEO

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)
by カエレバ

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応]

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方[MFI対応] (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
by カエレバ